【太陽光対策】日焼け後のお手入れについて

日焼け対策

【太陽光対策】日焼け後のお手入れについて

日焼け後のお手入れについて

日焼けにより、肌が脱水状態になった時の対処法

肌の乾燥は、日光浴で太陽に長時間晒された後に起きるもっとも一般的な問題です。
お肌がいつもの潤いを取り戻すためのケアをしなければ、シワ、シミの原因になります。
肌を保護するには、塩分や塩素が太陽の下で乾いてからきれいな水で洗い流します。
また、たくさんの水を飲むことを忘れないように!
日焼け後の赤ら肌は、日焼けしていることを示すサインです。
しっかりと日焼け止めを塗っていないか、日焼け止めの効果が切れて後も紫外線を浴びていたかです。
特に色白の肌にはよく起きます。
ビタミンが豊富な水分や新鮮なジュースを十分に摂取すれば、お肌の回復の助けになります。
ぬるぬるまたは冷たい水でシャワーを浴び、鎮静作用のあるモイスチャーライザーでケアしてください。
肌に密着するようなタイトな服を着用しないようにしてください。

皮が剥けるのは避けよう

皮がむけるのは日焼けの当たり前の結果です。
それは、太陽光線が垂直に晒される(脚、肩、背中など)顔のより多くの部分(特に鼻)および身体の部分に影響を及ぼし、皮がむけるのを避けたいのであれば、強めの日焼け止めをしっかりと使用してください。
しかし、皮がむけてしまったら、モイスチャーライザーでケアして、治るまでは、サンスクリーンをして、太陽の光を避けてください。

カサカサに乾燥した肌に必要なものは

水は、健康を維持するために必要不可欠であり、肌は特に求めています。
健康で保湿された状態の肌には、60〜70%の水分と2〜10%の脂質が含まれているため、肌の損傷した表面を修復し、保護バリア機能を回復するためには、水分と脂質を補給することが重要な鍵です。
多くの保湿クリームやオイルは表面に塗り重ねることにより、損傷した肌から水分が逃げないようにしているだけで、外部水分の侵入を防いでしまい、脱水サイクルを永続させてしまいます。
必要なのは、損傷した肌へ、水分と脂質を補ってあげて修復して、その上で、閉塞性が高い製品を塗って乾燥を防ぐことが必須です。
まずは、角質層へ水分と脂質を供給するプロダクトが必要となります。

最強のモイスチャライザー!!

肌への水分補給といえば、コラーゲンが最も有効です!!
三重螺旋構造を保ったコラーゲン(生コラーゲン)が最強です。
しかし、ご存知の方も多いと思いますが、通常分子量の大きなコラーゲンは、決して経皮吸収で肌に入ることはありません。たとえ、一般に化粧品に使用さている加水分解コラーゲン(屑コラーゲン)でも入りません。
しかし、生コラーゲンを角質層に届けることを可能にした美容液が、世界で初めて開発されました。
この技術は、世界中で特許を取得しています。
生コラーゲンをナノカプセルに巻きつけることにより、角質層へ届けるのですが、さらに素晴らしいことに、このナノカプセルは、リン脂質で作られてるいるため、コラーゲンと同時に脂質を肌へ届けることが可能となりました。
ということは、損傷した肌を修復するために必要な水分と脂質が同時に補給できるとうい最強の美容液です。
それが、リポコラージュラメラエッセンスです。
生コラーゲンを使用しているので、手に取った時にはベタベタした美容液ですが、肌に塗った瞬間から
肌に入っていくのが実感でき、肌が潤っていくのが感じることができます。
数分後には、すっかり角質層へ浸透しているので、肌の表面は、さらっとしています。
まさに、脱水状態が解消されているのが、つけたその日からわかります。
臨床試験でもしっかりと証明されていますので、安心して使用できます。
ぜひ、試してみてください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

自信があるから≪全額返金保証≫

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【前田悟 LINE@】 
🇺🇸 ニューヨークから情報配信中!!
日本と米国で、化粧品業界に20数年、
美容、ニューヨーク、ビジネスについて
聞きたいことがあれば、お気軽にメッセージくださいね‼️

https://line.me/R/ti/p/%40vdl1900f
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、
こちらのIDで検索してください‼️

@vdl1900f (@をお忘れなく)

Add Friend


気になる太陽・・・そんなあなたに新提案です【まっしろ美白習慣】


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ