【かゆい、痛い】ドライスキンとの戦い!!

ドライスキン

【かゆい、痛い】ドライスキンとの戦い!!

かゆい、痛い、苦悩のドライスキン

やはり温暖化は嘘? 北半球は冷蔵庫の中にいるような寒さが続いていますね。
暖房なしでは辛い室内は、その分カラっからに乾燥注意報!
まだ、立春過ぎても春遠し…

かゆい、イタイと最悪なドライスキンは、すべての肌トラブルの元凶。
しかし、日々のホームケアや日常のフェイシャルで簡単に治療できます!
非常に乾燥した皮膚は、皮膚炎などのより深刻な皮膚の問題の先導者になる可能性があります。
皮膚炎は、皮膚の炎症であり、かゆみの発疹または乾燥した炎症を起こした皮膚の斑点を引き起こし得る。
あなたは、目に見える兆候に注意を払い、最善のケアをどのように進めるべきかを決めます。
乾燥した肌をよりよく理解するためには、まず肌の複雑さ、乾い​​た肌の理由、そして治療を施す最善の方法を理解することが重要です。


肌は、なぜ乾燥してしまうの?

さて、乾燥してしまった肌は、常に皮膚が必要とする十分な皮脂を生成してくれません。
毛穴および毛包は、とっても小さく、皮脂産生は最小限なのです。
皮脂の役割はとても大切で、潤いを与え、潤滑し、皮膚を保護する物質です。
異常な皮脂の生成は、乾燥させたり、ニキビなどを含む様々な皮膚の問題につながる可能性があります。
多くの異なる要因が乾燥した肌に影響を与えます。
例えば、遺伝的素因、ホルモン不均衡、生活様式、極端な気象条件、薬物使用、不健康な暮らし、間違った製品の使用、肌の老化には、いくつかのよく知られた要因があります。
従って、肌をよく理解しないといけません。
皮膚は、体の最大の臓器であり、非常に複雑なものです。
皮膚は、表皮(外層)、真皮、および皮下組織(皮下組織)の3つの主な層からなる。
それは他の器官の偉大なプロテクターですが、外部から刺激されたときは、反応します。

表皮について

表皮の層は、角質層、ルビジウム層、顆粒層、層状棘芽層および層胚芽層とも呼ばれる。
実は、角質層と言うのは、主に死んだ皮膚細胞からなる最外層であり、まさに、この角質層が、バリア機能を果たしています。
ルシジウムは、手のひらや足の裏にあります。 顆粒は、表皮中の細胞の薄い層である。
層状紡錘体、または棘状層/鎌状細胞層は、顆粒層と基底層との間に見出される表皮の層である。

真皮

真皮は表皮の下にあり、2つの層を有します。
真皮の最表面層である乳頭真皮は、毛細血管、小神経、およびリンパ管を含む。
網状真皮は、乳頭真皮の真下に位置し、皮下組織として知られている太い脂肪のパッド上にあります。
真皮には腺があり、その中には汗で体を冷やし、他の腺では皮脂をつくる。
汗や皮脂が毛穴を通って皮膚の表面に到達する。
真皮はグリコサミノグリカン、水に引き寄せられた複雑な炭水化物を含んでおり、皮膚に潤いを与えます。
グリコサミノグリカンは年齢とともに減少する。
真皮にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸も含まれています。

ラメラ構造

近頃では、”ラメラ構造”という単語をスキンケア関連広告で見かけるようになりました。
一般に皮膚と呼ばれている部分は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造で、トータルの厚みはわずか0.4~1.5mm程度、一番上の「表皮」で約0.2mmの厚さです。
皮膚の最外殻にあって、表皮細胞が活動を止めた角質細胞と角質細胞間脂質からできています。
厚さ約0.02mmで、角質細胞間脂質は「ラメラ構造」をつくり、角質細胞と共にお肌のバリア機能を担っています。
角質層は、角質細胞と角質細胞間脂質からできており、このうち角質細胞間脂質はセラミド・脂肪酸・コレステロール・リン脂質などが層状に整列した「ラメラ構造」をつくり、水分と油分が満たされている状態を保つことによってお肌のバリア機能を保持しています。
ラメラ構造は、水-脂質-水-脂質---のように膜が平行に積み重なった構造で、ヒト角質層はの細胞間には、このラメラ構造が存在しており、脂質-水の層状であるサンドイッチ状の構造を取ることにより、肌の水分を保持し、皮膚のバリア機能をつかさどっています。
これにより、外部からの有害物質から私たちの体を守ってくれているのです。
ずべての肌トラブルは、角質層が乾燥していることに起因します。
小じわ、くすみ、シミなどなど、ラメラ構造が乱れ、すなわち角質層が乾燥してダーメージを受けているからです。
スキンケアの基本は、この角質層をケアしてあげることと言っても過言ではありません!!
角質層に水分補給して、ラメラ構造の乱れを整えることができれば、肌トラブルを解消できるはずです。

スキンケアでドライスキンを解消!!

ドライスキンを解消するには、水分補給が必須です。
そこで、うるおい成分(水分補給)といえば、ご存知の通り、コラーゲンですね。
通常、コラーゲンは分子量が大きすぎるので、経皮吸収しない、すなわち角質層へ届けることができません。
このうるおい成分のコラーゲンを、ナノテクノロジーを利用して、世界で初めて角質層へ届けることに成功した美容液があります。

角質層に≪入る≫生コラーゲン美容液♪

この美容液がすごいのは、角質層をコラーゲンでうるおわせるだけでなく、コラーゲンを届けることを実現したナノカプセルが、ラメラ構造と同じ成分、整体リン脂質でできており、乱れたラメラ構造を修復する機能を持っています。 
つまり、うるおい肌を取り戻すためのすべての機能がこの美容液で完結しているのです。
生コラーゲン配合なので、手に取った時は、ベタベタしてとろっとした感触ですが、お肌に塗った瞬間、砂漠に水を撒いたように、皮膚に浸透していくことが実感できます。
初めてつけた時に、とても驚いたのを覚えています。
つけた時は、ベタベタするなーと思ったのですが、しばらくして肌を触ると表面にベタつきはなく、サラッとしているのですが、肌に弾力を感じ、ぷるぷるしていました。
さらに驚いたのは、つけた後、鏡で顔を見ると、フェイスラインがシャープになり、顔が引き締まって、小顔になっているのが、目で見てわかりました。
この世界初、コラーゲンを角質層へ届けて、コラーゲンで水分補給し、ナノカプセルでラメラ構造を整える技術は、日本だけでなく、アメリカ、EU、中国でも特許取得しているので、科学的にも証明されています。
すべての肌トラブルの元凶である角質層の渇き、乱れから救ってあげましょう!

こちらからチェックしてみてね!!
↓   ↓   ↓   ↓  ↓   

潤いハリ弾力復活【セルベスト リポコラージュ C】




旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ