【酸化物質】忍び寄る活性酸素の脅威!!

抗酸化

【酸化物質】忍び寄る活性酸素の脅威!!

酸化物質から肌を守るには?

歳を重ねるにつれて、私たちの肌は、徐々に弾力性を失ってゆき、厚みもなくなってきてしまいます。
残念ながら、これは、自然な皮膚の老化のプロセスですね。肌の老化させる原因は様々。
しかし、肌の老化を加速させる大部分の原因は、体内での活性酸素の作用と考えられています。

活性酸素とは?

エイジングケアが注目を集める中、「活性酸素」という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。
活性酸素とは、簡単に表現すると「酸化力の高い酸素」と言えます。
酸素は人間が生きていくのには、必要不可欠なものなので、とてカラダには良いものと思いがちですが、体内に取り込んだ酸素のおよそ2%が活性化し、活性酸素が発生し、それが悪さをするのです。
今や病気の原因の90%は活性酸素が原因だとも言われ、とても攻撃的な性格の激しい酸素です。
そして正常な酸素を攻撃し電子を奪い取りにいくのです。
こうしてどんどん連鎖反応を起こして活性酸素が一気に増えていくのです。
活性酸素は、酸化力が非常に強く、自らを安定させるために他の物質の性質も変えてしまい体内の様々な臓器を酸化させ錆びつかせてしまい、これが病気、加齢の原因となります。
体の最外殻にある臓器、私たちの体を守ってくれている角質層も例外ではありません。
肌の老化を抑える、アンチエイジングのためには、この活性酸素を抑える必要があります。
活性酸素を発生する要因は様々、ありますが、単純に、酸素を取り入れる呼吸、有酸素運動などによっても発生しますが、これらを抑えることは不可能ですが、この他の原因となる、ストレス、喫煙、添加物などの摂取などを、体内での活性酸素の量を増やしてしまう可能性を抑えた方が良いでしょう。
活性酸素が一方的に悪作用しかしないのではなく、体内でウイルスや細菌などを攻撃してくれています。
ただ、活性酸素が増えすぎると、カラダ、肌に悪い作用をするので、生活習慣を見直し、抗酸化物質を摂取した方が良いでしょう。
スキンケアにおいても同様です。

スキンケアを選ぶときに探す抗酸化物質とは?

*ビタミンE
肌に存在し、色々な食品にも含まれている抗酸化物質です。コラーゲン産生を促進します。小じわを減少させ、肌の若返りを助けてくれます。

*ビタミンC
ビタミンC(アスコルビン酸)は、それを含む果物や野菜からのみ得られ必須栄養素です。
抗酸化物質として、そして、コラーゲン形成を後押しします。

*リコピン
強力な抗酸化物質で、赤い果物や野菜に含まれており、トマトに含まれているのは有名ですね。これもコラーゲンの産生を促進し、肌のトラブルにつながるDNAの損傷を減らすので、肌の質感を改善するために良い。

*レスベラトロール
近年注目を集める抗酸化物質で、ぶどう、ナッツ、果物、赤ワインなどに見られる化合物です。
局所的に適用すれば、UVBによる皮膚の損傷に対して保護するという研究もあります。

*ブドウ種子
ヴィティス・ヴィニフェラから抽出され、フラボノイドかに属するプロアントシアニジンが豊富。
プロアントシアニジンはビタミンC及Eよりも強力な抗酸化材であるといわれている。

*ゲニステイン
大豆由来のイソフラボンであり、紫外線によるDNA損傷を防ぐ能力がある。
UVBから人の皮膚を保護する。




活性酸素を発生しない美容液!!
↓   ↓  ↓  ↓  ↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【前田悟 LINE@】
 
🇺🇸 ニューヨークから情報配信中!!

日本と米国で、化粧品業界に20数年、
美容、ニューヨーク、ビジネスについて
聞きたいことがあれば、お気軽にメッセージくださいね‼️

https://line.me/R/ti/p/%40vdl1900f
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、
こちらのIDで検索してください‼️

@vdl1900f (@をお忘れなく)

Add Friend


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ