着目ワード「生コラーゲン」は、実は…

コラーゲン

着目ワード「生コラーゲン」は、実は…

知っているようで、実はよく理解されていないコラーゲン

コラーゲンといってもいろいろ

コラーゲンは、すべての体の器官、及び、組織に存在しているタンパク質です。
そのコラーゲンの主な機能は、腱、皮膚、軟骨を維持することで、強靱さ、弾力性を与え、体の構造の統一性を保っている。
食事を通じて、コラーゲンレベルを最大化することで、肌を健康で、なめらかに保つことができます。
コラーゲンは、体全体に存在していますが、現在までに、29種類のコラーゲンが確認されています。
体内のコラーゲンの90%以上がタイプ1〜5であり、もっとも豊富なのが、タイプ1です。
 
コラーゲン
タイプ1:皮膚、腱、血管、臓器、骨
タイプ2:軟骨
タイプ3:網状繊維
タイプ4:細胞基底膜の基底を形成する

肌の健康を保つための役割

コラーゲンは皮膚のハリと弾力性に関与していることがよく知られており、これが減少することにより、老化に伴うシワにつながります。
年齢を重ねるにつれて、体のコラーゲン産生が減少し、小じわが増え、皮膚のつや、滑らかさが失われます。
もし、肌のコラーゲンを補うことができれば、これらの老化を遅らせることができます。
そのため、多くの化粧品、サプリなどがコラーゲンを謳って商品を開発し、世の中には、ありとあらゆる「コラーゲン」関連の商品があふれています。
多くの方は、コラーゲンが含まれた健康食品、または、化粧品を手にとったことがあることでしょう。
ここで、残念なお知らせです。
通常、化粧品などに使用されているコラーゲンは、「加水分解コラーゲン」と呼ばれるもので、生体に存在しているコラーゲン(仮に生コラーゲンと呼ぶ)とは違い、簡単にいうと、生コラーゲンを分解して粉々にした、いわゆる”くずコラーゲン”と呼ばれるものです。
なぜ生コラーゲンを配合しないかというと、生コラーゲンは、常温では溶けてしまうことと、処方するのがとても難しく、莫大なコストがかかるので、加水分解コラーゲンしか使用できないのが現実です。
さらに、残念なのは、コラーゲンは分子量がとても大きいため、経皮吸収することができないのです。
例えるなら、針の穴にお菓子のグミを押し込もうとするようなものです。
たとえ、粉々になった加水分解コラーゲンであっても、分子量が大き過ぎて、まったく肌には浸透することはないのです。
では、経口吸収、食べたらどうでしょうか?
これも、残念ながら、食べたからといって、お肌のコラーゲンを補ってくれるとは限らず、体のどの部分になるかはわからないのです。
では、コラーゲンによって、肌に潤いを与えることは、無理なのでしょうか?

実は、世界で初めて生コラーゲンを肌に届けることに成功した美容液があります!!

お肌へ生コラーゲンを浸透させることを可能(特許技術)にした美容液が

角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュ

フェース生コラーゲンは、東京理科大学と共同で開発した、角質層への浸透せいが極めて高い”ナノカプセル”に生コラーゲンを巻きつけることによって、特許技術で開発されたナノカプセルが浸透する力を利用して分子量の大きな生コラーゲンを角質層へ引きずり込むことに成功しました。
さらに、この”ナノカプセル”は、肌の中に存在するリン脂質と類似の成分でできていて、角質層へ浸透した後に、バラけることにより、ラメラ構造のリン脂質が補い、整えます。
この浸透技術と肌改善効果を実現したのが、「フェース生コラーゲン」です。

さらに詳しくはクリックしてくださいね!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【前田悟 LINE@】
 
🇺🇸 ニューヨークから情報配信中!!

日本と米国で、化粧品業界に20数年、
美容、ニューヨーク、ビジネスについて
聞きたいことがあれば、お気軽にメッセージくださいね‼️

https://line.me/R/ti/p/%40vdl1900f
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、
こちらのIDで検索してください‼️

@vdl1900f (@をお忘れなく)

Add Friend



1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ