知らなかった?「ラメラ構造 」を知って美肌へ

ラメラ構造

知らなかった?「ラメラ構造 」を知って美肌へ

ラメラ構造を整えると肌トラブルが解消!!

ラメラ構造を理解する

「ラメラ構造」最近、種々のスキンケア関連広告で見かけるようになりました。
一般に皮膚と呼ばれている部分は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造で、トータルの厚みはわずか0.4~1.5mm程度、一番上の「表皮」で約0.2mmの厚さです。
皮膚の最外殻にあって、表皮細胞が活動を止めた角質細胞と角質細胞間脂質からできています。 厚さ約0.02mmで、角質細胞間脂質は「ラメラ構造」をつくり、角質細胞と共にお肌のバリア機能を担っています。
角質層は、角質細胞と角質細胞間脂質からできており、このうち角質細胞間脂質はセラミド・脂肪酸・コレステロール・リン脂質などが層状に整列した「ラメラ構造」をつくり、水分と油分が満たされている状態を保つことによってお肌のバリア機能を保持しています。
ラメラ構造は、水-脂質-水-脂質---のように膜が平行に積み重なった構造で、ヒト角質層はの細胞間には、このラメラ構造が存在しており、脂質-水-脂質-水の層状であるサンドイッチ状の構造をとることにより、肌の水分を保持し、皮膚にバリア機能を持たせています。
これにより、外部からの有害物質から私たちの体を守ってくれているのです。

乾燥肌は、ラメラ構造が乱れている証拠

すべての肌トラブルは、角質層が乾燥していることが原因です。
実は、どんなにひどい状態の乾燥肌であっても、その下の層までインナードライの人は、ほとんどいません。
すなわち、小じわ、くすみ、シミなどなど、ラメラ構造が乱れ、すなわち角質層が乾燥してダーメージを受けているからです。
スキンケアの基本は、この角質層をケアしてあげることと言っても過言ではありません。
角質層に水分補給して、何かでラメラ構造の乱れを整えることができれば、肌トラブルを解消できるはずです。

すなわち、うるおい肌を取り戻す最善の方法は「角質ケア」です‼️

ラメラ構造を整えることに特化した美容法

うるおい成分(水分補給)といえば、ご存知の通り、コラーゲンです。
通常、コラーゲンは分子量が大きすぎるので、経皮吸収しない、すなわち角質層へ届けることができません。
このうるおい成分のコラーゲンを、ナノテクノロジーを利用して、世界で初めて角質層へ届けることに成功した
スキンケアがあります❗️

それが、リポコラージュ ラメラエッセンスCです‼️
 
この美容液がすごいのは、角質層をコラーゲンでうるおわせるだけでなく、コラーゲンを届けることを実現したナノカプセルが、ラメラ構造と同じ成分、整体リン脂質でできており、乱れたラメラ構造を修復する機能を持っています。
 
つまり、うるおい肌を取り戻すためのすべての機能がこの美容液で完結しているのです。

生コラーゲン配合なので、手に取った時は、ベタベタしてとろっとした感触ですが、お肌に塗った瞬間、砂漠に水を撒いたように、皮膚に浸透していくことが実感できます。

初めてつけた時。とても驚いたのを覚えています。
つけた時は、ベタベタするなーと思ったのですが、しばらくして肌を触ると表面にベタつきはなく、サラッとしているのですが、肌に弾力を感じ、ぷるぷるしていました。
さらに驚いたのは、つけた後、鏡で顔を見ると、フェイスラインがシャープになり、顔が引き締まって、小顔になっているのが、目で見てわかりました。
 
この世界初、コラーゲンを角質層へ届けて、コラーゲンで水分補給し、ナノカプセルでラメラ構造を整える技術は、日本だけでなく、アメリカ、EU、中国でも特許取得しているので、科学的にも証明されています。

各有名女性雑誌で、美容ライターも絶賛の美容液を試してみてください。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

角質層に≪入る≫生コラーゲン美容液♪

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【前田悟 LINE@】
 
🇺🇸 ニューヨークから情報配信中!!

日本と米国で、化粧品業界に20数年、
美容、ニューヨーク、ビジネスについて
聞きたいことがあれば、お気軽にメッセージくださいね‼️

https://line.me/R/ti/p/%40vdl1900f
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、
こちらのIDで検索してください‼️

@vdl1900f (@をお忘れなく)

Add Friend



1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ